残業代請求を弁護士以外に頼む

残業代請求を弁護士の方以外に頼む事もできますが、やはり弁護士の方が一番なので、どうしてもやってもらえる事は限定されてしまいます。この点については注意をするようにしましょう。

まず、社会保険労務士の方ですが、残業代請求においては、基本的にはサポート的な役割になってくれるだけです。社会保険労務士の方が、内容証明郵便を作成し、会社側がそれに応じれば残業代請求ができますが、裁判を行う事はできないので、また別に弁護士の方に依頼する事になります。

司法書士の方は、残業代請求においては、内容証明作成を行ってくれ、請求価額が140万円以内であるならば、簡易裁判所で、依頼主の代わりに裁判をしてくれるようにもなっています。しかしながらこれは、簡易代理等認定司法書士に限ったものとなります。

行政書士の方は、残業代請求では内容証明作成をする事ができます。しかしながら、行政書士の方は、あなたの代わりに裁判を行って貰う事はできないので、裁判をしてもらうためには、また別途に弁護士の方に依頼をするようになります。

事が簡単に済めば、行政書士や社会保障労務士の方でも良いのですが、裁判というレベルになってしまうと、どうしても弁護士の方に依頼することになってしまうようですね。

残業代請求ポータルのように、残業代の請求を業務として行っている法律事務所や社会保険事務所をまとめて紹介してくれるサイトもありますので活用してください。

残業代請求を諦めない!